バッテリー式デバイスの録画時間の長さを調整する

Ringアプリで設定を調整することで、通知に応答することなく、イベントの録画時間の長さを制御することができます。録画時間を長く設定するとより詳細なイベント内容を確認できるようになり、録画時間を短く設定するとバッテリーの消耗を抑えられるなど、それぞれの目的に合わせた調整が可能です。 

この記事では、録画時間の長さに関するよくある質問に回答します。

録画時間の長さを調整するにはどうすればよいですか?

録画時間の長さを調整するには、次の手順に従います。

Ringアプリで、次の操作を行います。

  • ダッシュボード画面の左上にある3本線をタップします。
  • デバイスをタップします。
  • 調整するデバイスをタップします。
  • デバイスの設定をタップします。
  • 録画時間の長さをタップします。
  • 最大録画時間をタップします。
  • リストが表示されたら、次のいずれかを選択します。 
    • 15秒 
    • 20秒
    • 25秒
    • 30秒
    • 60秒
    • 90秒
    • 120秒

選択した録画時間によっては、バッテリー残量に影響することを警告する通知が表示されます。バッテリーの消耗が早すぎると感じた場合は、いつでも録画時間をより短い時間に変更できます。

モーション検証は、録画時間に影響します。モーション検証の設定を変更するには、「モーション検知の設定」から「モーション検証」に移動して、機能のオン/オフを切り替えてください。 

注: バッテリー式Ringデバイスを使用している場合、高度なモーション検知に切り替えると、Ringアプリにモーション検証のオプションが表示されなくなります。 

録画できる最小時間と最大時間はどのくらいですか?
録画時間の長さは、15秒から120秒までの時間範囲で設定が可能です。 

各デバイスの録画時間をそれぞれ異なる長さに設定できますか?
はい。デバイスごとに録画時間を制御でき、それぞれ異なる長さに設定できます。