認証コードの受け取り方法をEメールからテキストメッセージに変更する

Ringでは、2段階認証で用いるEメールを使用したアカウント認証を段階的に廃止しています。本記事では、ワンタイム認証コードの受け取り方法をEメールからテキストメッセージに変更する手順についてご紹介します。 

2段階認証とは

2段階認証とは、Ringアカウントの安全性を確保し、第三者による不正アクセスを防止する必須化されたセキュリティ強化機能です。この認証では、Ringアカウントにログインする際、本人確認のための6桁のワンタイム認証コードがテキストメッセージで送信されます。ワンタイム認証コードは、リクエスト後10分以内に入力する必要があります。また、2段階認証は、アカウントへのログインに使用するすべてのデバイスで行う必要があります。  ワンタイム認証コードを使用して本人確認を行うことで、より安全にアカウントにログインすることができます。 

2段階認証は、アカウント所有者だけでなく共有ユーザーも行う必要があります。アカウント所有者と共有ユーザーとで2段階認証の手順に違いはありません。  

ワンタイム認証コードの受け取り方法をEメールからテキストメッセージに変更する必要があるのはなぜですか?
テキストメッセージによる2段階認証では、ワンタイム認証コードがスマートフォンに送信されるため、メールアカウントに万が一問題が発生した場合 (メールアカウントにアクセスできない、不正にアクセスされたなど) でも、Ringアカウントの乗っ取りや不正ログインを防ぐことができます。

2段階認証の詳細については、こちらのリンクをクリックしてください。

ワンタイム認証コードの受け取り方法をEメールからテキストメッセージに変更する方法

Ringコントロールセンターにアクセスする

Ringアプリを使用する場合

Ringアプリのコントロールセンターにアクセスするには、次の手順に従います。

  • Ringアプリを開き、ダッシュボード上部にある3本線 () をタップします。
  • コントロールセンターをタップします。 
  • アカウント認証をタップします。 
  • テキストメッセージをタップします
    • Ringアプリの手順に従って、設定を完了します。
  • メインの「コントロールセンター」画面に戻るには、左上の戻る矢印 (<戻る) をタップします。

デスクトップ、ノートパソコン、モバイル端末のブラウザ (Ring.com) を使用する場合

Ringアプリにログインする際に入力するEメールアドレスとパスワードを使用して、Ring.comのアカウントにログインします。デスクトップ型のコンピューターを使用している場合、「アカウント」は右上に表示されます。「アカウント」の下にドロップダウンメニューとして「コントロールセンター」が表示されます。

モバイル端末でブラウザよりアクセスしている場合、左上の3本線をタップすると、「アカウント設定」の下に「コントロールセンター」が表示されます。

コントロールセンターから「アカウント認証」、「テキストメッセージ」の順にタップすることで、ワンタイム認証コードをモバイル端末に送信するよう設定することができます。この手順を完了するには、Ringパスワードが必要です。

注意: セキュリティ対策の一環として、複数のオンラインサービスで同じパスワードを使いまわさないように注意してください。

パスワードの安全性の詳細については、こちらをクリックしてください。

安全なパスワード作成に関する詳細については、こちらをクリックしてください。