Ringアプリのジオフェンスに関する情報

本記事では、Ringアプリで使用できる「ジオフェンス」機能に関するよくある質問について説明します。

ジオフェンスとは?

「ジオフェンス」とは、特定の場所や敷地を囲い込むように設定できる仮想境界線 のことを言います。Ringアプリで「ジオフェンス」を設定すると、「ジオフェンス」の範囲外に出た際にRingアプリから通知‌が届くようになり、「不在」モードへの切り替え忘れを防ぐことができます。帰宅時に再度「ジオフェンス」の範囲内に入ると、ビデオドアベル/セキュリティカメラのアラート通知が自動的にスヌーズ状態なります。

Ringアプリで「ジオフェンス」の設定を有効にする方法

Ringアプリで、次の操作を行います。

  1. 左上のメニュー (☰) をタップします。ジオフェンスを設定する位置情報がメニューの上部に表示されていることを確認します。
  2. 設定をタップします。
  3. モードと自動化をタップします。
  4. ジオフェンスをタップします。 
  5. 機能をオンにするをタップします。
  6. 位置情報データに関する情報を確認し、次へをタップします。
  7. ジオフェンスの対象エリアを確認し、画面に表示されている円を敷地の中央 (デバイスが設置されている場所) までドラッグします。
    • または、右下の矢印をタップして、モバイル端末の現在の位置情報をもとに、ジオフェンスの中心となる位置を決定することもできます。 
    • 注: マップ上でジオフェンスの対象エリアを調整しても、ユーザーの住所設定に影響はありません。
    • ジオフェンスの対象エリアを変更できるのは、Ringアカウントの所有者のみです。
  8. 確認をタップします。
  9. 自動スヌーズの長さを設定します。 
  10. ジオフェンス内に再度入ったときに、通知を自動的にスヌーズにしたいデバイスを選択します。
    • 注:ジオフェンス内に再度入ると、選択したRingデバイスがスヌーズ状態になり、自動スヌーズ設定時に使用したモバイル端末にアラート通知が送信されなくなります。ただし、Ringプロテクトプランに登録している場合は、イベントが通常通り記録され、その他互換性のあるRingデバイス (スヌーズ設定なし) からもアラート通知が送信されます。Ringプロテクトプランの詳細については、こちらをご覧ください
    • 注: Ring Alarmのみを使用している場合、このオプションは表示されません。
  11. 次へをタップします。
  12. ジオフェンスに出入りする際に、「モード」の切り替えに関するリマインダーを受信したい場合は、警戒開始リマインダー/警戒解除リマインダーをオン (有効) に設定します。この設定を行うことで、警戒モードの開始/解除が自動で行われなくなります。
    • リマインダーの通知音を選択できます。
    • ただし、デバイスが設置されている場所のモード設定が、「在宅」/「不在」 (ジオフェンス外に出るとき)、または「解除」(ジオフェンス内に入るとき) でない場合に限り、「警戒開始リマインダー」/「警戒解除リマインダー」の通知は送信されます。
    • 注: Ringデバイスのモードを有効に設定していない場合、またはRing Alarmを使用していない場合は、このオプションは表示されません。‌‌ビデオドアベル/セキュリティカメラのモードの詳細については、こちらをご覧ください。 
  13. 次へをタップします。
  14. 終了して保存をタップします。
  15. 次に、Ringアプリからスマートフォンの位置情報へのアクセス許可を求められます。位置情報へのアクセス許可を行うことで、ジオフェンスへの出入りをRingのシステムが認識できるようになります。設定画面を開くをタップして、位置情報を常時使用できるように設定を変更します。
    • 注: 位置情報へのアクセス許可を行わない場合、Ringのジオフェンス機能を使用することはできません。 

警戒開始/解除リマインダーを設定している場合: ‌‌自動スヌーズやリマインダーは、同機能を設定したスマートフォン/タブレットのみを対象に機能します。‌‌ジオフェンスへ出入りした際の「警戒開始/解除リマインダー」は、同機能を設定したスマートフォン/タブレット以外の端末 (ユーザー本人によるログイン/共有ユーザーの端末であるかを問わない) には送信されません。また、他のスマートフォン/タブレットがジオフェンスに出入りした場合にも、「警戒開始/解除リマインダー」は送信されません。

位置情報へのアクセス許可を「常に」/「常に許可」に設定するとは、どういう意味ですか?

位置情報へのアクセス許可をこの設定にすることで、モバイル端末がジオフェンスの境界線を越えたことを、Ringのシステムが認識できるようになります (Ringアプリを使用していないときを含む)。

スマートフォンに「Ringがバックグラウンドで位置情報を使用している」と表示されます。これはどういう意味ですか?

ジオフェンス機能が有効に設定され、位置情報へのアクセスが「常に」/「常に許可」に設定されている場合、Ringアプリはモバイル端末から提供される位置情報を使用して、ジオフェンスへのモバイル端末の出入りを検知します。その後は、ユーザー自身が選択した設定に従って動作します。また、Ringアプリによる位置情報へのアクセス許可が「常に」/「常に許可」に設定されている場合、モバイル端末がジオフェンス機能に関係のない位置情報の更新データ (ジオフェンスから離れた場所にいる場合など) をRingアプリに提供することがあります。この場合、同データはRingアプリによって削除され、ジオフェンスに関連する機能にも影響はありません。

Ringアプリがモバイル端末の位置情報にアクセスできないようにしたい場合は、Ringアプリの位置情報設定を無効にします。

iOSでは、「設定」 > 「Ring」 > 「位置情報」の順に進み、「しない」に変更します。

Androidでは、「設定」 > 「アプリ」 > 「Ring」 > 「権限」 > 「位置情報」 > 「拒否」の順に選択します (機種によって設定項目が異なります)。また、Ringアプリの設定でもジオフェンス機能を無効にすることをお勧めします。

ジオフェンスが有効の場合、モバイル端末の位置情報が他のRingユーザーに知られることはありますか?

いいえ。 

Ringデバイスがスヌーズ状態でも、モーション検知とビデオ録画を通常通り実行しますか?

はい。Ringカメラのスヌーズを手動で有効にした場合と同様に、デバイスは通常通りにビデオ録画を行います。Ringプロテクトプランに登録している場合は、録画したビデオをRingアプリで確認することができます。iOS/Android端末上のRingアプリで、ジオフェンスと自動スヌーズが有効な場合、スヌーズ中にモーションアラートは送信されません。

ジオフェンスを有効化した後、iOS/Android端末の設定で、Ringアプリの位置情報へのアクセス許可を「常に」/「常に許可」から他の設定に変更すると、どうなりますか?

ジオフェンスへの出入りの際に、RingアプリがiOS/Android端末 (オペレーティングシステム) から正確な位置情報を取得できなくなります。そのため、ジオフェンス内に入っても、対象のRingデバイスが自動的にスヌーズ状態にならず、モード変更に関するリマインダーも送信されません。同じ場所にジオフェンスを設定している他のユーザーに影響はありません。

Ringアプリを開くと、位置情報に関して、適切な共有設定 (アクセス許可のレベル) を再度有効にするよう促すアラートがリンク付きで表示されます。位置情報の共有をオフにして、アラートが表示されないようにするには、Ringアプリでジオフェンスの設定を無効にします。

アラートの自動スヌーズと「警戒開始/解除リマインダー」の送信以外に、ジオフェンス機能が実行することはありますか?

いいえ。

共有ユーザーはジオフェンスの設定を変更できますか?

共有ユーザーは、他のユーザーのジオフェンス設定を確認したり、変更したりすることはできません。ただし、共有ユーザーは自身のモバイル端末でジオフェンスを設定することで、自動スヌーズとモード変更に関するリマインダーを有効にできます。共有ユーザー自身の端末で行った設定は、Ringアプリでジオフェンスを使用している他のユーザー (所有者や共有ユーザーを含む) および各ユーザーが使用するモバイル端末に影響はしません。

所有者や所有者と同じ場所に居住している共有ユーザーは、ジオフェンスをどのように使用できますか?
所有者がRingアプリでジオフェンスを設定すると、共有ユーザーも同じ対象エリア内で自身のジオフェンス機能を有効にできます。

あるユーザーがジオフェンスへ出入りしても、別のユーザーに通知されたり、アプリの使用に影響したりすることはありません。同様に、あるユーザーが特定のモバイル端末のRingアプリでジオフェンスを無効にしたとしても、他のデバイスやユーザーに影響はありません。

共有ユーザーの詳細については、こちらをご覧ください

ジオフェンスの対象エリアを変更する方法を教えてください。

ジオフェンスの対象エリアは、デバイスの所有者が設定後に必要に応じて調整または変更できます。まず、Ringアプリの「ジオフェンスの設定」でマップをタップします。次に、マップ上でジオフェンスの対象エリアを変更して、保存をタップします。

対象エリアの変更は、現在、ジオフェンスが設定されているエリアで同機能を使用しているすべてのiOS/Android端末に適用されます。

「ジオフェンスを無効にする」とはどういう意味ですか?どこで設定できますか?

ジオフェンスを無効にした場合、同設定を行ったモバイル端末にのみ無効化が適用されます。ジオフェンスの対象エリアに影響はありません。あるスマートフォン/タブレットでジオフェンスを無効にした場合でも、他のデバイスに影響はありません。

特定の場所の「ジオフェンス」を無効にする方法:

  1. Ringアプリを開きます。
  2. 左上のメニュー (☰) をタップします
    • ジオフェンスを無効にする場所の名前がメニューの上部に表示されていることを確認します。ジオフェンスの設定は、「すべてのカメラ」のメニュー項目からは変更できません。
  3. 設定をタップします。
  4. モードと自動化をタップします。
  5. ジオフェンスをタップします。
  6. ジオフェンスをオフにするをタップします。
  7. ジオフェンスをオフにするをもう一度タップします。

ジオフェンスに関するトラブルシューティングについては、こちらをご覧ください。