Ringアプリでクイック応答を使用する方法

クイック応答は、あらかじめ用意されているいくつかの応答メッセージを自動応答として活用できる、ビデオドアベルに搭載された便利機能です。日本で発売されているすべてのRingビデオドアベルに対応しています (日本国外で販売されていたRingビデオドアベル第1世代には対応していません)。

現在使用しているビデオドアベルのモデルをRingアプリで確認する方法については、こちらをご覧ください

Ringアプリでクイック応答を使用する

クイック応答は、Ringアプリからいつでもオン/オフの設定を変更できます。本機能が有効に設定されている際に訪問者がドアベルを鳴らすと、事前に選択されたメッセージが再生され、その内容に応じて訪問者はメッセージを残すことができます (メッセージを残せるように設定されている場合)。クイック応答は、Ringプロテクトプランの登録なしに使用できます。ただし、Ringプロテクトプランに登録しているユーザーに限り、クイック応答によるやり取り/応対中に記録された内容をイベント履歴で確認することができます。

クイック応答を設定する方法 

Ringアプリを開き、次の操作を行います。

  1. ダッシュボード左上のメニュー (≡) をタップします。
  2. デバイスをタップします。
    • 設定したいドアベルを選択します。
  3. ドアベル画像の下に表示されているスマート応答のタイルを選択します。
  4. クイック応答をタップします。
    • クイック応答のトグルボタンをオン (青色) に切り替えます。
  5. 応答するまでの時間を即時/2~20秒の間で選択します。
  6. クイック応答のメッセージを選択します。
    • メッセージ一覧をスクロールして、季節ごとに適した挨拶や、季節を問わず通年使えるメッセージなど、再生したいメッセージを選択します。
    • 右上にある保存をタップします。

ライブ映像でクイック応答を選択して再生する方法

クイック応答のメッセージは、自動クイック応答をオンに設定していない場合でも、ライブ映像を開いているときに再生することができます。たとえば、ライブ映像を開いたり、アプリから呼び出しアラートに対応した際に、「こんにちは。すぐに伺います。」「お立ち寄りいただき、ありがとうございます。ご用件がある場合は、続けておはなしください。」などのメッセージを再生できます。

事前に設定したメッセージを‌ライブ映像で再生するには、次の操作を行います。

  1. 「クイック応答」をタップします。
  2. 再生するクイック応答のメッセージをタップします。
    • クイック応答メッセージは、ドアベルのスピーカーから再生されます。

クイック応答とモードをリンクする方法

Ringデバイスのそれぞれのモード (「在宅」/「不在」/「解除」) に合わせて、クイック応答のオン/オフを自動的に切り替える方法:

  1. Ringアプリを開きます。
  2. メニュー (☰) をタップします
  3. デバイスをタップします。
  4. 設定するデバイスをタップします。
    • デバイスで「クイック応答」が有効になっていることを確認してください。
  5. モード設定をタップします。
  6. クイック応答とリンクするモードを選択します。
  7. デバイスをもう一度タップします。
  8. 「スマート応答の設定」で、目的や用途に合わせてクイック応答のオン/オフを切り替えます。
  9. 再度同様の手順を実行して、クイック応答のオン/オフそれぞれの状態が少なくともモード設定の一つに適用されるように、設定を行ってください (不在モード - クイック応答オン / 在宅モード - クイック応答オフなど)

よくある質問

クイック応答とは何ですか?

クイック応答は、定型メッセージを選択して相手に返答する機能であり、ほとんどのRingビデオドアベルが本機能に対応しています。外出などで対応できない場合に、玄関先用の留守番電話応答メッセージとして機能します。自動応答を一つ設定して、訪問者に用件を残すように伝えることができます。

クイック応答はどのように機能しますか?

Ringアプリでクイック応答がオンに設定されている場合、訪問者がドアベルを押下後、呼び出し音が鳴り終わってから0~20秒でクイック応答が起動します。事前に設定した応答メッセージがドアベルから再生されます。訪問者がメッセージを残せるように設定することもできます。訪問者がメッセージを残していない場合でも、Ringプロテクトプランに登録している場合は、クイック応答によるやり取り/応対中の音声が記録されます。 

クイック応答にはどのような設定項目がありますか?

クイック応答のオン/オフの切り替えや、起動するまでの時間 (0~20秒) の設定、訪問者に対してデフォルトで再生されるメッセージの事前選択が可能です。事前に用意されている定型メッセージは、お使いの各ドアベルで個別に選択できます。

自分の声をクイック応答のメッセージとして録音できますか?

録音には対応していません。

クイック応答のメッセージの音量を調整できますか?

現時点では調整できません。 

クイック応答を使用するためには、Ringプロテクトプランが必要ですか?

いいえ、クイック応答は、Ringプロテクトプランの登録なしに使用することができます。ただし、Ringプロテクトプランに登録しているユーザーに限り、クイック応答によるやり取り/応対中に記録された内容をイベント履歴で確認することができます。Ringプロテクトプランに登録していない場合でも、‌クイック応答によるやり取り/応対をライブ映像で確認できます。イベント履歴で確認できるクイック応答によるやり取り/応対は、Ringプロテクトプラン登録後に記録されたやり取り/応対のみです。

クイック応答を途中で中断して、‌直接自分で対応することはできますか?

はい、クイック応答を途中で中断して、直接訪問者に対応することができます。

クイック応答によるやり取り/応対はどのくらいの間続きますか?

クイック応答によるやり取り/応対時間は、Ringアプリで設定した起動するまでの時間 (0秒~20秒) を除き、クイック応答自体が起動してから60秒間です。

訪問者がドアベルを鳴らさない場合に、クイック応答機能が音声を認識したり人物検知を行うことはできます?

できません。

自分自身が直接訪問者に対応せずに、クイック応答によるやり取り/応対をライブ映像で確認することはできますか?

はい、クイック応答によるやり取り/応対をライブ映像で確認することができます。

ドアベルに再生させるクイック応答メッセージをリアルタイムで選択することはできますか?

はい、訪問者がドアベルを押したときに、ライブ映像を確認しながらメッセージを選択し、再生させることができます。

クイック応答によるやり取り/応対をRingアプリのイベント履歴でどのように確認できますか?

クイック応答によるやり取り/応対は、個別のイベントとして記録され、未確認の呼び出しイベントと同じアイコンが表示されます。

クイック応答によるやり取り/応対を共有することはできますか?

はい、他の録画ビデオと同じように、Ringプロテクトプランに登録していれば、‌クイック応答によるやり取り/応対も共有することができます。

クイック応答のオン/オフを時間帯によって設定することはできますか?

いいえ、クイック応答はスケジュール設定に対応していません。

クイック応答は、ドアベルがインターネットから切断された場合でも起動しますか?

いいえ、ドアベルがインターネットから切断されている場合は起動しません。